固定資産税の件で差し押さへを行ってる反日本的反社勢力である京都朝鮮総連の傘下組織から寄贈を受け取り感謝状まで贈る京都市!西村斉の抗議により今年は勧進橋公園等で癒着してた教育委員会から子ども若者はぐくみ局に受け取り先を変更した京都市


既に、京都朝鮮学校への補助金停止を求める訴訟や京都朝鮮学校と京都市の共謀による勧進橋公園不法占拠事件等の訴訟を抱へ、来月には京都法務局人権擁護課によるヘイトスピーチでっち上げ事件の国賠訴訟も提起します。

又、朝鮮学校長は拉致実行犯だと公益性のある事実を述べたら名誉毀損で起訴された件の刑事裁判も始まってます。

よって、引き続き西村齊の活動に共鳴される方の御支援をお願ひします。最近は、司法政治活動といふ地味な活動ではありますが、必ず、公益、日本国の為に尽力しますので宜しくお願ひします。
そして、今まで多大なご支援を頂いた同志、支援者の方に感謝を申し上げます。

西村齊への御支援振り込み口座の紹介

●本文

京都朝鮮学園に補助金を垂れ流し、勧進橋公園不法占拠にも加担してた京都市教育委員会が反日本的反社勢力の京都朝鮮総連傘下の在日朝鮮人京都府青商会から寄贈を受けてゐる件での質問書の回答が京都市教育委員会からきたが不作為があり再質問した。

上記にあるとほり、西村斉は京都朝鮮総連傘下の京都朝鮮学園に補助金を垂れ流してゐる京都市教育委員会が、同じく京都朝鮮総連の傘下団体である在日朝鮮人京都府青商会から昨年寄贈を受けてゐる件で、今年の2月に教育委員会に対して質問や直に交渉したのだが、京都市としては今年も反社会的勢力からの寄贈を受けたやうだ。
しかし、西村斉が抗議した京都市教育委員会でなく。下記のとほり、今年は「京都市子ども若者はぐくみ局」に寄贈先を変更してゐる。

下記にあるとほり、西村斉は京都朝鮮総連傘下の京都朝鮮学園に補助金を垂れ流してゐる京都市教育委員会が、同じく京都朝鮮総連の傘下団体である在日朝鮮人京都府青商会から昨年寄贈を受けてゐる件で、今年の2月に教育委員会に対して質問や直に交渉したのだが…

西村 齊さんの投稿 2018年7月3日火曜日

おそらく現在、京都市教育委員会や国際化推進室らと京都朝鮮学校との癒着によって行はれてゐた勧進橋公園不法占拠の不当性を問ふ裁判を西村斉と争ってゐる立場である教育委員会としても寄贈を受けるのはマズイと認識して避けたのだらう。
要は、流石に朝鮮学校と癒着度が高い教育委員会への寄贈はマズイと思ったのと、京都朝鮮総連傘下の京都朝鮮学園に補助金を垂れ流してゐる京都市教育委員会が、同じく京都朝鮮総連の傘下団体である在日朝鮮人京都府青商会から寄贈を受けるのもマズイと、西村斉の抗議もあり避けたのだらう。
今後は、「京都市子ども若者はぐくみ局」に抗議、交渉する。

それと、京都市は朝鮮総連傘下の京都朝鮮学園に補助金を交付してゐる事からも、同じく朝鮮総連傘下で京都朝鮮学園に支援金や寄贈したり、特別学習指導を行ってゐる在日朝鮮人京都府青商会といふ「利害関係者(補助金等の交付の対象となる組織)」に該当する組織から寄贈を受けたり、朝鮮総連といふ組織は、反日本的思想を抱いてる北朝鮮の下僕といふ危険な反社会的勢力である事は云ふまでもない事実であり、さういふ反日本的反社勢力の傘下である在日朝鮮人京都府青商会から寄贈を受ける行為は、『京都市職員の倫理の保持に関する条例 』を持ち出す以前の話であり、「市民の疑惑や不信を招くような行為をしないこと」「公務に対する市民の信頼を確保すること」といふコンプライアンスに違反する行為であるといふ事を問題にしてゐるのです。

又以前、京都朝鮮総連は固定資産税が減免、免除されてゐたのですが西村斉が原告として提訴した裁判で固定資産税の減免や免除は違法であるとして、裁判所は、減免、免除処置を取り消した。
その結果、その後、京都市は固定資産税滞納で京都朝鮮総連施設を差し押さへてゐる。
このやうな組織から寄贈を受けて感謝状まで贈ってゐる「京都市子ども若者はぐくみ局」に道理はない。
まづ、京都市は固定資産税の滞納分を徴収するのが道理だ。

京都市は、金正恩が朝鮮総連に対して「朝鮮総連の事業と在日朝鮮人運動に有利な環境を主動的に用意してゐかなければいけない」と訓示してゐる事から、この寄贈行為も、この目的であると想像するには相当の理由がある。